教育方針/三つのポリシー

教育方針/三つのポリシー

チーム医療の要となる看護師をめざす。

高齢化がますます進む日本で望まれているのは、チームの一員として地域医療を支えることができる看護師です。
質の高い医療知識や技術を備えるのはもちろんのこと、看護師をめざす人は、傷病者とその家族の暮らしも支える役割を担うのだということを心に刻み、幅広い教養を備えて人間を深く理解してほしいと願っています。
そのために、「人と学び、人に学ぶ」という本学の理念を体現化した独自カリキュラムや、臨床経験豊富で看護師育成に長く貢献してきた教員陣など、充実した学習環境をそろえました。

アドミッション・ポリシー(入学受け入れ方針)

建学の精神に基づき、倫理と人間性を尊重し、地域の人々の健康回復、増進と疾病予防に寄与しうる豊かな国際性と高度な専門的知識を有する看護師、保健師を育成することを目的としています。
少子・高齢化社会に生きる人々の健康と豊かな生き方を支えるため、健康栄養学部と連携した教育体制で、栄養に関する科学的な知識に基づいた指導能力を養います。
この目的に沿って、本学に入学を希望される方には、看護職に興味と関心を持ち、本学の教育に対する学習意欲とその学習に必要な基礎学力があることを求めています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成指針)

建学の精神を尊び、豊かな人間性に裏付けされた感性を培い、人として専門職業人としての知識・技術を修得することを目標とします。

科学的根拠、判断力を持ち、根拠に基づいた看護実践ができる基盤をつくるため、看護の対象に対して倫理的配慮、尊厳をもって人と接し、信頼関係を構築し、対象の権利の擁護と意思決定を支援できる看護実践者を育成する。

地域の人々の健康回復・増進と疾病予防に寄与しうる看護職者を育成する。地域社会における人々の健康増進、疾病予防や生活の質の向上に貢献できる看護実践者を育成する。

医療現場で共に対象者をチームで改善に向かわせる基盤作りや医療チームメンバーの役割を認識して対象者への情報交換・連携プレーができるなど、他職種との活動を通して看護の関わりに関する視野や協働の意識を持った看護実践者を育成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

以下の能力を有する学生に学位を授与します。

  1. 生命の尊厳と人間の基本的権利を尊重できる豊かな人間性
  2. 看護の現象を科学的に探求し、看護学の発展に貢献できる基礎的能力
  3. 保健・医療・福祉において他職種と協働・連携する基礎的能力
  4. 看護実践者として継続的に学習する能力
  5. グローバル化社会における健康問題と看護の役割を認識する能力