看護学部 看護学科


看護学部 看護学科

※男女共学

これからの時代に求められる看護師になる。

看護学科

看護師が活躍する医療の現場は、病院のみならず介護、福祉施設や在宅など、地域社会へ多岐に広がっています。本学では最新の医療知識と技術を備え、患者とその家族を理解し、人々の健康に寄与する力を備えた、地域医療に貢献できる看護師を育てます。医療従事者の一員として、病理的な基礎知識と多職種連携に必要なコミュニケーション能力は欠かせません。本学部では、臨地実習を含め、それらをバランスよく培うカリキュラムを確立しています。看護の対象は「人間」です。病気の理解だけでなく人間そのものを理解し寄り添える、豊かな人間力を備えた看護師の養成をめざしています。


看護学科

学びの特長

最新の医療知識と技術を備え、地域の医療に貢献する。
傷病者はもちろん家族も救う、人々の健康に寄与できる看護師を育てます。

地域医療に貢献できる力を養成

地域の医療現場では、保健や福祉の領域も含む専門職が連携して援助活動を行う、新しいチーム医療が注目されています。本学では、多職種連携におけるコーディネーターに必要な基礎的能力を備えた看護職者の育成をめざします。

2年次より地域の基幹病院で
臨地実習を実施

1グループ5人程度の少人数体制で行う臨地実習。実習先は、地域を代表する基幹病院が中心です。地元一宮を中心に尾張西部・名古屋の病院がほとんどのため移動時間の負担は最小限。高度な先進医療の最前線で学ぶことができます。

新しい看護学部棟と最新設備

平成28年度の看護学部開設に伴って新設された地上5階建ての看護学部棟。講義室や分野別の実習室、実際の医療現場に即した最新設備を揃え、実習や就職をサポートする「看護支援センター」も併設しています。

健康栄養学部・幼稚園・高校
のある学院で学ぶ

本学の母体は、幼稚園や高校、短大を有する学校法人修文学院。幼稚園での小児看護学実習や本学健康栄養学部と連携した栄養ケアの学修など、学院内での交流を活かして、多職種連携に必要なコミュニケーション力を養います。


大学で看護師をめざす。

大学の目的は、専門的な学問を修めることにあります。資格取得に必要な学びに留まらず、看護学を体系づけて学ぶため、豊かな人間性、高度な論理的思考、的確な問題解決力も身につきます。そのため、医療の高度化に伴って求められる、幅広い知識や論理的な思考力を備えた看護師として活躍できるほか、看護系大学の講師や研究職、専門看護師など将来の道も広がります。

取得できる
国家試験受験資格

看護師

選択により取得できる
国家試験受験資格・免許

●保健師
●第一種衛生管理者※
●養護教諭二種免許状※

※保健師資格取得後本人申請

卒業後の進路

最新の医療知識と看護スキル、豊かな人間性を育んだ卒業生は、病院や福祉施設など、医療現場のさまざまな場面で幅広い活躍が可能です。

想定される進路

●病院・診療所などの医療機関
●保健所などの行政保健機関
●在宅ケア機関
●介護保険施設
●助産師養成校への進学 など

先輩の声

看護師という夢に向かって学びと経験を重ねる日々をご紹介します。

宮崎 皓都さん

看護学科 4年
宮崎 皓都さん
愛知県 安城南高等学校出身

同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨し、患者さんに満足いただける看護をめざして。

修文を選んだ理由は、2016年に新設したばかりの看護学部だったからです。一期生として学部の新しい歴史をつくっていく楽しさを感じています。自分たちが、後輩たちのお手本となるので、プレッシャーもありますが、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨し、日々、成長を実感しています。様々な知識を身につけて、患者様に満足いただける看護を実践できるように努力していきます。

私が好きな授業:基礎看護援助技術Ⅰ

日常生活援助技術やボディメカニクスについて学ぶ授業です。臨地実習に向けて、ケアにおける自らの課題を見つけるために、学生同士で患者役・看護師役に分かれて技術演習を行います。相手の表情に気を配ることで、"気付き" や"疑問" を持てるようになりました。


黒田 望寧さん

看護学科 4年
黒田 望寧さん
愛知県 清林館高等学校出身

医療現場で学び続けられる看護師をめざす修文ならではの人に学ぶ実習体制。

限られた時間内に的確な援助が求められる医療現場で、丁寧な看護を提供することが私の目標。保健師の資格取得もめざしているので毎日がハードですが、健康栄養学部との連携による授業で食や栄養の理解も深め、幅広く学んでいる実感があります。実習を通して実践力も磨いていきたいです。

私が好きな授業:基礎看護学実習Ⅰ

看護師をめざす私たちが医療の現場で最初に直面する課題は、人との接し方です。実際に一人の患者さんを担当し、基礎的な援助を実践できる実習は貴重な体験。先生や指導者さんと情報共有しながら、患者さんと信頼関係を築いていく経験ができました。