看護学部 看護学科


看護学部 看護学科

※男女共学

これからの時代に求められる看護師になる。

看護学科

看護師が活躍するヘルスケアの現場は、新型コロナウイルス感染症拡大の中で重要な局面に対峙しています。また、病院のみならず在宅医療や訪問看護、高齢者入居施設や地域社会へ多岐に求められています。本学部では最新の医療知識と看護ケア技術を備え、患者とその家族を理解し人々の健康に寄与する力を備えて、地域医療に貢献できる看護師を育成しています。本学部では、医療従事者として、対象者支援の基礎知識と多職種連携に必要なコミュニケーション能力習得を前提にし、臨地実習を含めそれらをバランスよく培うカリキュラムを確立しています。そして、病気の理解だけでなく人々の安全で快適な生活のありかたを理解し、寄り添えるよう、豊かな人間力を備えた看護師の養成をめざしています。


学びの特徴

最新の医療知識と技術を備え、看護支援地域の医療に貢献する。
医療や介護依存度の高い人々だけでなく、その家族や地域に生活する
人々の健康に寄与できる看護師を育てます。

地域医療に貢献できる力を養成
 

学びの特徴1

地域の医療・介護現場では、保健や福祉の領域も含む専門職が連携して援助活動を行う、新しいチームケアが注目されています。本学では、多職種連携におけるパートナーシップに必要な基礎的能力を備えた看護職者の養成をめざします。

2年次より地域の基幹病院で臨地実習を実施

学びの特徴2

1グループ5人程度の少人数体制で行う臨地実習。実習先は、地域を代表する基幹病院が中心です。地元一宮を中心に尾張西部・名古屋圏に立地する機関がほとんどであるため移動時間の負担は最小限。高度な先進医療の最前線で学ぶことができます。

新しい看護学部棟と最新設備
 

学びの特徴3

平成28年度の看護学部開設に伴って新設された地上5階建ての看護学部棟。講義室や分野別の実習室、実際の医療現場に即した最新設備を揃え、実習や就職をサポートする「看護支援センター」も併設しています。

健康栄養学部・医療科学部・幼稚園・高校のある学院で学ぶ

学びの特徴4

本学の母体は、幼稚園や高校、短大を有する学校法人修文学院。幼稚園での小児看護学実習や本学健康栄養学部と連携した栄養ケアの学修など、学院内での交流を活かして、多職種連携に必要なコミュニケーション力を養います。


大学で看護師をめざす。

大学の目的は、専門的な学問を修めることにあります。資格取得に必要な学びに留まらず、看護学を体系づけて学ぶため、豊かな人間性、高度な論理的思考、的確な問題解決力も身につきます。そのため、医療の高度化に伴って求められる、幅広い知識や論理的な思考力を備えた看護師として活躍できるほか、看護系大学の講師や研究職、専門看護師など将来の道も広がります。

取得できる
国家試験受験資格

看護師

選択により取得できる
国家試験受験資格・免許

●保健師
●第一種衛生管理者
●養護教諭二種免許状

※保健師資格取得後本人申請

想定される進路

●病院・診療所などの医療機関
●保健所や企業などの保健機関など
●訪問看護ステーション
●介護保険施設
●大学院進学、海外留学
●助産師養成校への進学 など

取得できる資格・免許

     
  • ■看護師(国家試験受験資格)
  • ■保健師(国家試験受験資格)※選択制
  • □第一種衛生管理者(保健師資格取得後本人申請)
  • □養護教諭二種免許状(保健師資格取得後本人申請)
■受験資格が得られる資格・免許 
□取得をめざす資格・免許

卒業後の進路

最新の医療知識と看護スキル、豊かな人間性を育んだ卒業生は、病院や福祉施設など、医療現場のさまざまな場面で幅広い活躍が可能です。


先輩の声

今野 泉さん

看護学科 2021年3月卒業
今野 泉さん
愛知県 名古屋女子大学高等学校出身

気持ちに寄り添い、信頼される看護師をめざして。

医療がテーマのT Vドラマを観て、命を助ける仕事に就きたいと思いました。また母が看護師だったため看護師を目指すことを決意。在学中は卒業論文から国家試験対策まで、ゼミの先生によく相談にのっていただきました。私の性格に合わせたアドバイスのおかげで全力で勉強することができ、とても感謝しています。試験勉強中はゼミの仲間と士気を高め支え合い、目標に向かって邁進しました。国家試験勉強を通じて日々の勉強の継続が大切だと気づいたので、この習慣を社会人になっても続けていきます。

▶看護学部の学習(講義・演習・実習)について

急性期病棟における実習で、患者さんとの信頼関係を構築する大切さを学びました。手術後の患者さんの気持ちの変化に気づくためには、日々の関わりや会話を通して理解を深めておくことが必要です。実践での学びが、かけがえのない経験になったと実感しています。


円田 舞美さん

看護学科 2021年3月卒業
円田 舞美さん
愛知県立 豊田高等学校出身

看護師として患者さんの闘病を支えていく。

小学生の時の長期入院が原体験となり、看護師になる道を選びました。国家試験対策としてゼミ生と励まし合い勉強を続けてきたことや、先生が親身に支援してくださったことで試験当日は自信をもって挑むことができました。「基礎看護学実習」ではコミュニケーションに配慮し患者さんの疾患を意識したケアを、領域別の実習では疾患のみならず患者さんの家族や退院後を見据えた個別性のある看護ができたと思います。

▶看護学部の学習(講義・演習・実習)について

「急性期看護学実習」が印象に残っています。手術後の患者さんの対応に迷った時、教科書で調べたり先生方のアドバイスを参考に看護を行ったところ症状が落ち着きました。笑顔で退院する患者さんを見て嬉しく思うと同時に、早く看護師になりたいと思いました。