看護学部 カリキュラム


カリキュラム

大学教育として体系化された学びを積み上げることで、高い専門性と実践力を身につけることができます。


科目ピックアップ

講義の様子をご紹介。経験豊富な教授陣の指導のもと、最新設備で学びます。

化学 1年次基礎教養

化学

中学校や高校で学んだことを再学習し、知識の定着をはかる。

生化学、臨床栄養学を学ぶために必要な化学の基礎知識を修得し、看護師として必要な基礎科学を身につけます。

コミュニケーション英語I 1年次基礎教養

コミュニケーション英語I

医療現場のグローバル化に対応する英会話力を伸ばす。

多様な患者さんとのコミュニケーションを可能にするため、英会話の能力を伸ばします。担当するのはネイティブ教員。学生同士で英会話を楽しみながら、「聞く」「話す」「読む」「書く」全体的な能力の向上をめざします。

病理学 1年次専門基礎

病理学

疾病の原因や発生メカニズムを理解する。

細胞障害や循環障害、炎症、免疫異常とアレルギー、感染症など人間の疾病を学びます。その原因や発生メカニズム、組織学的変化など必要な知識は膨大で講義内容は多岐にわたり、この先に学ぶ医学の土台となります。

基礎看護援助技術Ⅰ 1年次専門

基礎看護援助技術Ⅰ

人を理解し、倫理を尊重した看護を実践する。

看護援助技術の目的や意義を理解し、基礎的な知識と技術、看護に対する態度を習得します。演習では、療養生活を過ごす患者さんの気持ち(基本的欲求とその充足)に寄り添い自立を考えた看護を実践できる能力を育みます。

母性看護援助論 3年次専門基礎

母性看護援助論

マタニティサイクルを理解し、その援助方法を学ぶ。

妊産褥婦と新生児、その家族のニーズに即した看護技術を学びます。看護課程演習の授業とリンクさせ、各期の基本的な看護技術(妊婦健診、沐浴、授乳、新生児健診、産褥観察等など)を実習室で演習します。

小児看護援助概論 3年次専門

小児看護援助概論

健康障害を持つ小児と家族を理解し看護できる人に。

小児疾患を知り、健康障害をもつ小児と家族の心理的・社会的特徴を理解し「子どもは小さな大人ではない」という立場で援助する方法を学びます。紙上事例で小児看護課程を展開し、必要な小児看護技術を習得します。

慢性期療養生活援助概論 2年次専門

慢性期療養生活援助概論

慢性疾患の特徴を理解し、セルフケアをサポートする。

慢性的な健康障害を知り、セルフマネジメント(自己管理)能力を高めるために必要な対象の理解と援助方法について学びます。授業では糖尿病等の患者さんの心理、対応方法について臨床経験の具体例を紹介します。

在宅看護援助論 2年次専門

在宅看護援助論

療養者・家族に寄り添った看護を実践できる人に。

地域・在宅看護の実践に必要な理論と、様々な年齢・障害レベルの人とその家族に対する在宅看護技術を学びます。また地域包括ケアシステムや在宅看護過程、在宅看護におけるリスクマネジメントの授業も展開します。


1年次

赤文字は必修科目黒文字は選択科目 ※2019年度のカリキュラムです。(参考)


2年次

赤文字は必修科目黒文字は選択科目 ※2019年度のカリキュラムです。(参考)


3年次

赤文字は必修科目黒文字は選択科目 ※2019年度のカリキュラムです。(参考)


4年次

赤文字は必修科目黒文字は選択科目 ※2019年度のカリキュラムです。(参考)