医療科学部 学びの流れ

学びの流れ

"先進医療" "チーム医療"を実践できる
臨床検査技師の育成をめざします。

臨床検査の専門科目を学ぶ上で身につけておきたい基礎知識と、論理的な考え方を理解するための教養科目・基礎科目、臨床検査学を体系的に学ぶための科目を専門基礎科目・専門科目として配置しています。

internship.jpg

※クリックすると拡大画像が表示されます。

臨床検査技師になるには

臨床検査技師になるには、大学などの養成施設で臨床検査の知識、基礎医学、臨床病態などを学び、臨床検査技師国家試験を受験します。合格すると臨床検査技師の国家資格が取得できます。さらに、医用質量分析認定士、超音波検査士、細胞検査士、遺伝子分析科学認定士、中級バイオ技術者などへの道もあります。

臨床検査技師になるには

リメディアル教育

基礎科目も徹底的にサポート

入学後に基礎科目の理解力に不安を感じる学生には、基礎科目での教育だけでなく、リメディアル教育を実施し、専門科目の講義を理解できるようにサポートするとともに基礎科目、専門基礎科目、専門科目の教員が連携し学修を支援します。

卒業研究

4年間の学修の集大成

突き詰めたい研究テーマを見つけ、担当教員と共に研究を行い、その成果を4年次に卒業研究として発表。文献検索や情報収集、実験、解析から発表まで一連の流れを経験することで、臨床検査技師としての知識を深めるだけではなく、社会人として必要な力も身につけます。