医療科学部 臨地実習

臨地実習

internship.jpg

地域全体が学びのフィールドに。

地元一宮を中心に尾張・名古屋・岐阜地域の病院が臨地実習先になります。3年次に実施される臨地実習では、医療現場で、臨床検査技師の仕事を実践的に学びます。これまで大学で学んできた知識・技術を生かし臨床の現場での実習を行い、大きく成長していくことが臨地実習の目的です。

臨床検査技師になるために欠かせない臨地実習。

臨地実習は、臨床検査を実践的に学修するために実施されます。人の命にも係わる臨床検査は、迅速かつ正確である必要があります。緊張感溢れる検査業務を、臨床現場で働く臨床検査技師の姿をとおして学んでいきます。臨地実習は、チーム医療の一員として積極的に役割を果たす医療技術者をめざして大きく成長するチャンスなのです。

主な臨地実習施設

より高度な検査技術が学べる地域の基幹病院と連携した質の高い実習を行います。

下記の施設のご協力のもと臨地実習を行います。

  1. 名古屋大学医学部附属病院
  2. 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター
  3. 愛知県がんセンター中央病院
  4. 一宮市立市民病院
  5. 稲沢市民病院
  6. 津島市民病院
  7. 公立西知多総合病院
  8. 半田市立半田病院
  9. 愛知医科大学病院
  1. 社会医療法人杏嶺会一宮西病院
  2. 社会医療法人大雄会総合大雄会病院
  3. JA愛知厚生連江南厚生病院
  4. JA愛知厚生連豊田厚生病院
  5. 日本赤十字社名古屋第二赤十字病院
  6. 地方独立行政法人岐阜県総合医療センター
  7. 岐阜市民病院
  8. 大垣市民病院
  9. 社会医療法人蘇西厚生会松波総合病院
※今後も臨地実習施設は拡大していく予定です。

臨地実習施設

実習先紹介

一宮市立市民病院

一宮市立市民病院

一宮西病院

一宮西病院

名古屋大学医学部附属病院

名古屋大学医学部附属病院