生活文化学科 教育方針/三つのポリシー


教育方針/三つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

修文大学短期大学部生活文化学科は建学の精神「国家社会に貢献できる人材の育成」のもと、医療事務、ビジネス、製菓に関連した分野で活躍できる、人材の育成に取り組んでいます。生活文化学科では生活文化学科ディプロマポリシーを達成するために必要な次のような人の入学を求めています。

  1. 社会に貢献できる人材になろうという明確な意思を持ち、各分野のスペシャリストとしての知識や技術を修得する意欲のある人。
  2. 2年間の学修を継続するために必要な基礎学力を備えている人。
  3. 集めた情報や自分の考えを分かりやすく表現し伝えようとしている人。
  4. 学習やクラブ活動等に主体的に取り組み、他者と協働するコミュニケーション能力を備えた人。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

以下の方針で教育課程を編成し、実施します。

  1. 基礎教養、専門知識・技能を身につける体系的な教育課程を編成します。
  2. 基礎教養課程においては豊かかつ柔軟な人間性を育み、学問の世界に踏み込むにあたり広く深い見識を身に付けることで、専門課程で学ぶための基本的素養・能力を養うことを目的とします。
  3. 専門教育課程においては、「生活者としての理解」「ビジネススキルの理解」「スペシャリストとしての理解」から成る教育課程を編成します。
  4. 「生活者としての理解」は生活者として教養を深め、生活を客観的に把握し、自ら問題を発見し、様々な人と協働して解決していくことができる力を育成します。
  5. 「ビジネススキルの理解」は社会人に必要な知識や技術をもち、自らのスキルを向上するための努力を継続することができる力を育成します。
  6. 「スペシャリストとしての理解」は各分野のスペシャリストとしての各種資格取得をめざし、資格を活かして社会に貢献することができる力を育成します。
  7. 講義、演習、実習、インターンシップ等を通して、学生の主体的な学びを推進します。
  8. 学修の過程を含めた成果全体を把握し、成績評価の方法・基準に基づき、適切に評価します。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

以下の能力を有する学生に短期大学士の学位を授与します。

  1. 生活者として教養を深め、生活を客観的に把握し、自ら問題を発見し、様々な人と協働して解決していくことができる。
  2. 社会人に必要な知識や技術をもち、自らのスキルを向上するための努力を継続することができる。
  3. 各分野のスペシャリストとして、専門的な知識や技術を修得し、社会に貢献することができる。