OB・OG Interview

OB・OG Interview

各分野で社会に貢献する修文の先輩たち

interview01
管理栄養士

健康栄養学部 管理栄養学科
2021年3月卒業
高木 香奈さん
愛知県立 東海商業高等学校 出身

社会福祉法人 檸檬 勤務

気持ちに寄り添い、
信頼される管理栄養士をめざしています。

特別養護老人ホームやデイサービスなど高齢者福祉事業を展開している社会福祉法人「檸檬」に勤務し、デイサービスの昼食提供を担当しています。利用者の方々が食べやすいように盛り付けることを心掛けています。その他にも特養に入居されている方の検食や配膳、ミールラウンド、食事介助、手作りのおやつを提供することもあります。さらに入居者の栄養アセスメントを実施し、低栄養リスクがないかを確認するとともに、栄養ケア計画書も作成しています。
食事をするということは、私たちが生きていくうえで必要不可欠な営みです。「食べやすく、美味しく」をモットーにしつつ、少しでも人の役に立ちたい、いくつになっても美味しく自分の口から食べることを支援したいとの思いから、高齢者福祉施設を就職先として選びました。地元に貢献することができて、入居者の思いを尊重し、人を大切にする当法人の考えに共感しています。私が仕事をするうえで大切にしているのは、他職種の方々の意見をお聴きすることと、実際に自分の目で確認して物事を判断することです。新しく入居される方の栄養ケア計画書の作成を任された時は、事前の情報収集から解決すべき課題や長期目標を自分で考えて家族の方に説明しました。その方が実際に入居された時には「いつまでもご自身で食べていただけるよう支援したい」と心から思いました。今はまだ仕事に慣れるのに精一杯ですが、いずれ高齢者の方々に季節に合った行事食や特別な食事を提供するなど、食べることが楽しみになっていただけるようなさまざまな取り組みをしたいと思っています。

Q 大学での学びで役立っていることは何ですか?

A 修文で学んだ「臨床栄養学」「臨床栄養学実習」「応用栄養学」「給食経営管理論」などの講義や実習で身につけたことが今の仕事にそのまま役立っています。学生一人ひとりの理解度に合わせて先生が丁寧に教えてくださったので、勉強に苦手意識を持つことなく知識を深めることができました。

interview01

interview02
看護師

看護学部 看護学科
2021年3月卒業
黒谷 早紀さん
愛知真和学園 大成高等学校 出身

一宮市立市民病院 勤務

看護には正解がないからこそ、
無限の可能性を感じます。

GCU(新生児回復室)に所属し、新生児とご両親が安心して退院できるよう、赤ちゃんの疾患や特徴に合わせた育児技術習得に向けての指導などを行っています。この仕事の魅力は、患者さんとの関わりを通して看護観や自己の知識や技術を深め成長できるところです。修文で看護の基本を学んだ講義が印象に残っており、仕事をしていく中で戸惑いや葛藤を抱いた時によく振り返っています。ゼミから卒業論文・国試対策まで先生方に手厚くご指導いただき、勉強する楽しさや継続の大切さを学びました。今後NICU(新生児集中治療室)へ移動になった際には、退院支援を考えながら急性期から新生児やご両親と関われる看護師に成長できるよう、日々努力をしていきます。

interview03
保健師

看護学部 看護学科
2021年3月卒業
大澤 菜奈美さん
愛知県立 丹羽高等学校 出身

津島市保健センター 勤務

地域住民に寄り添い、
信頼される保健師をめざしています。

津島市保健センターで保健師として働いています。現在は出産を控えた両親向けの教室や離乳食教室、乳幼児健診(3歳児)の主担当をしています。高校生の頃に「保健師になりたい」と憧れ新設の看護学科に2期生として入学。保健師になるには公務員試験に合格後、看護師国家試験と保健師国家試験に受かる必要があります。3年次から保健師課程を選択してコツコツと積み上げていき、先生方の丁寧なご指導もあり夢を叶えることができました。まだ先輩方から学ぶことばかりですが、地域の方よりお礼の電話をいただくことも増えてきました。仕事は人とのコミュニケーションです。何気ない会話からでもSOSのサインに気づけるよう汲み取りを心がけています。

interview04
臨床検査技師

医療科学部 臨床検査学科 2年
小枝 風編さん
岐阜県 岐阜聖徳学園高等学校 出身

クラスの仲間と共に、
同じ夢に向かって学んでいます。

最先端の医療検査法を用いてチーム医療に貢献し、人の役に立ちたいと思い修文の臨床検査学科に興味を持ちました。最新の設備が整っている修文なら質の高い実習ができると思い入学を決めました。私は小学生の頃から医療に関わる仕事をしたいと思っており、高校生になって調べてみたところ多くの職業が見つかり、その中に臨床検査技師がありました。はじめは仕事内容としては検査をするだけなのかと思いましたが、たくさんの人から話を聞いたところ、コミュニケーション能力や協調性が大切だということに気づきます。私は人と話すことが大好きでコミュニケーションをとることが得意だと自負していましたので、これこそ自分に合った職業だと思い、将来の夢として設定し実現への道を歩み始めました。臨床検査に必要な知識や基礎医学、臨床病態など学ぶことは多岐にわたりますが、クラスは和気あいあいとした雰囲気です。空き時間に友達と教え合いをしたり、またたわいもない話をしたりして充実した時間を過ごしています。クラスの皆で同じ目標に向かって頑張る環境というのはとても良いなと感じています。将来は患者さんと適切なコミュニケーションをとり病気の早期発見につなげられるよう、専門知識をしっかりと身につけて病気の診断や治療方針の決定に役立てる臨床検査技師になりたいです。

Q 大学での学びで役立っていることは何ですか?

A 専門基礎科目の「超音波解剖学」が印象に残っています。超音波検査に必要である、超音波画像から臓器の位置関係や構造の関連を理解することができました。授業で実際に機器に触れていたので、勉強したことが実習で役に立ちとても嬉しかったです。

interview04-2

interview05
保育士

短期大学部 幼児教育学科 第三部
2021年3月卒業
森 愛菜さん
愛知県立 木曽川高等学校 出身

一宮市立朝宮保育園 勤務

こどもがのびのびと園生活を送れるよう支援しています。

保育園でこどもたちの保育に携わっています。担当は乳児(1歳児)で、遊びやオムツ換え、食事の援助、着替え等を行っています。7歳下の妹や年下のいとこたちのお世話が楽しいと小学生の頃から思っていて、自然な流れで保育士をめざすようになりました。修文では第三部で学び、自分の時間も充実させながら夢を叶えることができました。4月に入園して一日中泣いて過ごしていたこどもたちが今では「おはよう」と笑顔で登園してくれたり、たくさん話せるようになったり、歩けるようになったり、できなかったことができるようになる姿を身近に感じ、日々やりがいを感じています。「せんせい」とこどもたちが呼んでくれることも嬉しいです。

child_voice05
幼稚園教諭

短期大学部 幼児教育学科 第三部
2021年3月卒業
原田 実奈さん
愛知県 東海学園高等学校 出身

鶴田幼稚園 勤務

ピアノに手遊び、
修文での学びが実践で生きています。

現在は担任を持たずフリーとしていろいろなクラス・学年の補助をしており、当番制で園バスにも乗ります。全体保育は14時半に終わり、その後にホームルーム(預かり保育)担当をする日は17時までこどもを見るほか、担任の先生方の仕事を手伝ったり、行事ごとの制作物を準備したりしています。小学2年生から始めたソフトボールを通じて多くを学び「誰かの役に立ちたい。影響を与えられる人になりたい」と思い、こどもが好きだった私は幼稚園教諭をめざしました。行事に向けて頑張って練習するこどもたちが日に日に上達する姿を間近で見て、保護者から「ありがとう」と声をかけてもらう度に、達成感と同時にとても嬉しい気持ちになります。

interview07
パティシエ

短期大学部 生活文化学科
製菓コース
2016年3月卒業
水野 祥江さん
岐阜県 多治見西高等学校 出身

ザ・グローオリエンタル名古屋 勤務

めざす夢に向かって
一歩ずつ成長を続けています。

シェフパティシエとして、結婚式場で主にウエディングケーキの制作や料理コースの皿盛りデザート、デザートビュッフェのケーキなどの制作を行なっています。ウエディングケーキはお客様と直接打ち合わせをしてデッサンをし、世界に1つだけの完全オリジナルケーキに仕上げます。ケーキのお披露目は挙式当日のお楽しみとなるのですが、会場はオープンキッチンなのでケーキ入刀の演出などを直接自分の目で見ることができます。ケーキが登場した時の新郎新婦様やゲストの方々の歓声や、披露宴後に「お料理もデザートも美味しくてウエディングケーキもすごく綺麗だった」とお声掛けいただくことに喜びを感じながら仕事をしています。
中学生の頃、世界的に有名なショコラティエ"ミシェル・ブラン"のチョコレートケーキを食べて感動し「こんなケーキを作りたい!」と修文で製菓の道へ。充実した設備、先生との距離が近く風通しの良い環境で専門知識や高度な技術を修得することができ、修文で学べて本当に良かったと思っています。失敗を恐れずまずはやってみること、積極的な姿勢も先生方から教えていただきました。卒業後は現場で腕を磨き、入社3年目でパティシエとして仕事を任せてもらえるようになりました。SNSでデザインの流行をチェックするなど、お客様の希望に沿ったウエディングケーキを提案できるよう常にアイデアを巡らせていますが、休日は気分転換に伊良湖へサーフィンに行くなどオンオフを切り替えています。いつかは自分の店を持ち、SNSを活用して私が作ったお菓子を世界中に届けるのが私の夢です。今はウェディング業界でやりたい事に挑戦しながら成長していきたいと思っています。

Q 大学での学びで役立っていることは何ですか?

A ウエディング業界での仕事は、製菓のみならず料理の提供もあるため野菜や魚、肉など様々な食品を扱います。「公衆衛生学」で学んだ知識がとても役立っています。またウエディングケーキ製作時はケーキに細工を施すので「シュガークラフト実習」を2年間みっちり学び技術を磨いておいてよかったです。

interview01

interview08
医療事務

短期大学部 生活文化学科
生活・医療事務コース
2020年 3月卒業
中川 侑香さん
岐阜県立 岐阜各務野高等学校 出身

江南厚生病院 勤務

笑顔を心がけ、
患者さん目線を大切にしています。

病院の総合窓口を担当し、新患窓口・案内票提出口・案内票返却口・ 会計を日ごとにローテーションでまわっています。お金の集計をする部署なので、時間 内に書類と手元のお金の集計があった時は達成感を感じます。
高校生の時に市民病院内のボランティアをして医療事務の仕事に魅力を感じました。修文で学んだレセプトの授業や、敬語や場面に応じたマナーが実践に生きています。会計業務を担当していたある日、指先がうまく動かず小銭を取り出せない患者さんがいらっしゃいました。私が代わりに小銭を取り出すと、「ありがとう」と本当に喜んでくださいました。何気ない行動が誰かの役に立っていることを知り、とても温かい気持ちになりました。

interview09
総合職

短期大学部 生活文化学科
オフィスキャリアコース
2020年 3月卒業
武藤 真咲さん
岐阜県立 各務原高等学校 出身

JAめぐみの 美並支店 勤務

お客様に寄り添い、
地域にありがとうの気持ちを還元。

JAの営業担当として、お客様のお宅を訪問して集金をしたり、年金の受取口座や各種貯金キャンペーンなどさまざまな商品の提案をしています。多くのお客様と関わることに魅力を感じて営業職を選びました。お客様から「ありがとう」と言っていただけるのは嬉しいですし、仕事にやりがいを感じています。常に大切にしているのは笑顔と前向きな気持ちです。修文のビジネスマナーの授業で身につけた敬語や尊敬語、礼儀が役立っていますし、就職活動や資格取得に向けて先生方には手厚く支援していただきました。いまこうやって働くことができるのは周りのサポートのおかげです。この感謝の気持ちを今後は社会へ、地域へと還元していきたいです。