医療科学部 教育方針/三つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

医療科学部臨床検査学科では、広い教養と高い倫理観、豊かな人間性、高度な専門知識・技術、医療コミュニケーション能力を身につけ、医学・医療の実践および発展に貢献できる探究心を兼ね備えた臨床検査技師を養成します。そのために下記の能力を備えた人を求めます。

  1. 生命の尊厳を理解し、医療に携わりたいという意志を有する
  2. 臨床検査学を学ぶ上で必要な基礎学力を有する
  3. 自分の意見を相手に分かりやすく伝えることができる
  4. 自ら学修する意欲を有する
  5. 広く社会に貢献しようとする意欲を有する

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

医療科学部臨床検査学科では、ディプロマ・ポリシーを達成するため、下記の基本的な考え方に基づいてカリキュラムを編成しています。

  1. 豊かな人間性と高い倫理観を涵養するためのカリキュラムを編成し、 成果は科目試験で評価する。
  2. 臨床検査技師に求められる知識と技術を修得するためのカリキュラムを編成し、 成果は科目試験、 実習試験、 臨床実習評価報告で評価する。
  3. チーム医療に必要な協調性とコ ミュニケーション能力を涵養するためのカリキュラムを編成し、 成果は科目試験で評価する。
  4. 課題を主体的に発見し解決する能力を涵養するためのカリキュラムを編成し、 成果は科目試験、 実習試験、 臨床実習評価報告で評価する。
  5. グローバル社会に対応できる能力を涵養するためのカリキュラムを編成し、 成果は科目試験で評価する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

以下の能力を有する学生に学位を授与します。

  1. 生命の尊厳と人間の基本的権利を尊重できる豊かな人間性
  2. 臨床検査に関する基礎的知識・ 技術
  3. チーム医療における多職種連携のための協調性・コミュニケーション能力
  4. 医療情報を収集し主体的に学修する能力
  5. グローバル社会における医療問題を認識する能力