幼児教育学科 学びの流れ

学びの流れ(実習) [ 第一部・第三部共通 ]

「学びのサイクル」により
保育実践力を確実に身につけます。

" はじめの一歩"

実習前に附属園で園見学を行い、見学したものをもとに記録を書きます。担当教員から個別に丁寧な指導を受け、しっかりと書き方の基本を学びます。

担当教員からの指導

「なぜ、実習を行うのか」
その意義や目的をしっかり確認します。

1.実習目的の理解

実習の目的や意義について学んでいきます。実習する園や施設の特徴、実習生として知っておかなければならない基本的な心構えについて理解していきます。

2.実習準備・課題設定

実習生個票の書き方や実習園とのアポイントの取り方など、実習前の様々な準備について学びます。実習では、自分で課題を立てることが大切になります。「自分の課題は何か」「自分は何を学びたいか」を考えることから始めていきます。

3.模擬練習・教材準備

実習生が一定期間保育を任される「責任実習」に備え、先生役と子ども役に分かれ、制作や表現遊びなどの模擬練習を行います。子どもたちとの実際のやりとりを想定し、保育教材の制作や発表なども行います。

※クリックすると拡大画像が表示されます。

現場を経験する、とても大切な機会。

授業で学んだことを学生が保育の現場で実践できる貴重な機会です。実習生として、一人ひとり個性が異なる子どもたちに合わせて保育を行う先生をしっかりと観察し、たくさんのことを吸収します。

  • 幼稚園教育実習
  • 保育所保育実習
  • 施設保育実習

現場を経験する、とても大切な機会。

実践を振り返ってさらなる成長へ。

実習先でつくった制作物や、保育現場の様子、どのような保育を実践したのかを学生一人ひとりが報告書にまとめ、スライドを使って発表します。自分自身の体験を振り返るばかりでなく、学生同士で積極的に質問や意見を交わす場として成長につなげます。

実践を振り返ってさらなる成長へ。
𠮷安 千尋さん

幼児教育学科第一部2020年3月卒業
𠮷安 千尋さん
愛知県立 稲沢高等学校出身

学んだことを実践する最良の機会

実習先でつくった制作物や、保育現場の様子、どのような保育を実践したのかを学生一人ひとりが報告書にまとめ、スライドを使って発表します。自分自身の体験を振り返るばかりでなく、学生同士で積極的に質問や意見を交わす場として成長につなげます。

さまざまな学び方を
実践している先輩たち

自分らしい時間の使い方を選択しながら、夢に向かって歩む先輩たち。
「仕事をしながら」「子育てをしながら」「プロフェッショナルをめざして」などそれぞれの学び方で保育者への道を歩んでいます。

松永 陽菜さん

幼児教育学科第一部2年
松永 陽菜さん
愛知県立 古知野高等学校出身

夢に向かって努力し、成長を実感する日々

オープンキャンパスに参加した中で修文が一番楽しく、本学を選びました。授業や実習を経て感じるのは、子どもの世話をしていると人によっては悪いところを見てしまい、注意や禁止への発言が増えてしまうこと。私は子どもの良いところを見つけて褒められる保育者になりたいと思います。

阿部 華林さん

幼児教育学科第三部2年
阿部 華林さん
愛知県立 小牧高等学校出身

第三部を選択し、午後の時間を有効活用

授業は午前中のみ、という3年間のカリキュラムに惹かれて第三部を選びました。午後から自由に時間を使えるので、課題やアルバイトの時間に充てています。子どもの発達段階に応じた援助ができるよう学びを深め、将来は子ども達一人ひとりの気持ちに寄り添える保育者になりたいです。

加藤 美来さん

幼児教育学科第三部2年
加藤 美来さん
三重県 津田学園高等学校出身

同志である仲間たちと充実したキャンパスライフ

第三部は午後の時間をアルバイトや授業の予・復習、ピアノの練習に使えるため、余裕をもって取り組めています。保育者志望の学生ばかりなので、造形の授業では皆の個性や子どもに対する想いが伝わってきて楽しいです。保護者や子ども、地域の方からも信頼される保育者をめざします。

宮城 佑依さん

幼児教育学科第三部2年
宮城 佑依さん
愛知県 椙山女学園高等学校出身

学びの時間を確保し、新体操と学業を両立

修文は先生との距離が近く、実技や実体験を通して子どもとの関わりを実践的に学べるところが魅力です。私は経済的な負担の軽減と、好きな新体操を続けたいという思いから第三部を選びました。将来は子どもの気持ちに寄り添い、保護者の育児サポートもできる保育者になりたいです。