幼児教育学科 学びの流れ

学びの流れ(実習) [ 第一部・第三部共通 ]

「学びのサイクル」により
保育実践力を確実に身につけます。

" はじめの一歩"

実習前に附属園で園見学を行い、見学したものをもとに記録を書きます。担当教員から個別に丁寧な指導を受け、しっかりと書き方の基本を学びます。

担当教員からの指導

「なぜ、実習を行うのか」
その意義や目的をしっかり確認します。

1.実習目的の理解

実習の目的や意義について学んでいきます。実習する園や施設の特徴、実習生として知っておかなければならない基本的な心構えについて理解していきます。

2.実習準備・課題設定

実習では、自分で課題を立てることが大切になります。「自分の課題は何か」「自分は何を学びたいか」を考えることから始めていきます。また、「社会人として身につけておくべきマナー」「コミュニケーションや手続き方法」について学びます。

3.模擬練習・教材準備

実習生が一定期間保育を任される「責任実習」に備え、先生役とこども役に分かれ、制作や表現遊びなどの模擬練習を行います。こどもたちとの実際のやりとりを想定し、保育教材の制作や発表なども行います。

※クリックすると拡大画像が表示されます。

現場を経験する、とても大切な機会。

授業で学んだことを学生が保育の現場で実践できる貴重な機会です。実習生として、一人ひとり個性が異なるこどもたちに合わせて保育を行う先生をしっかりと観察し、たくさんのことを吸収します。

  • 幼稚園教育実習
  • 保育所保育実習
  • 施設保育実習

現場を経験する、とても大切な機会。

実践を振り返ってさらなる成長へ。

実習先でつくった制作物や、保育現場の様子、どのような保育を実践したのかを学生一人ひとりが報告書にまとめ、スライドを使って発表します。自分自身の体験を振り返るばかりでなく、学生同士で積極的に質問や意見を交わす場として成長につなげます。

実践を振り返ってさらなる成長へ。
宮田 まひるさん

幼児教育学科第一部 2022年3月卒業
宮田 まひるさん
三重県 暁高等学校出身

保育者の役割の理解からスタート

附属幼稚園での観察実習を通して、保育者はただこどもと遊んでいるわけではなくこどもがいろんな体験ができるよう計画したり、年齢やその子の特徴にあった言葉がけや行動をしたりしていることが分かりました。

さまざまな学び方を
実践している先輩たち

自分らしい時間の使い方を選択しながら、夢に向かって歩む先輩たち。
「仕事をしながら」「子育てをしながら」「プロフェッショナルをめざして」などそれぞれの学び方で保育者への道を歩んでいます。

石田 ちはるさん

幼児教育学科第一部 2年
石田 ちはるさん
愛知県立 一宮南高等学校出身

2年間で大切なことをみっちりと学ぶ

早く社会にでて保育者として活躍したいと思い第一部を選びました。授業は4限まであり16時に終わる日がほとんどですが、3限や2限の日もあるのでアルバイトやピアノの練習もできます。保育現場を知る先生方の実践的な授業が多いのでコツをつかみやすく、実習先でも自信を持ってのぞんでいます。

加藤 優芽さん

幼児教育学科第一部 2年
加藤 優芽さん
岐阜県立 大垣桜高等学校出身

2年間、仲間たちと同じ夢に向かって

修文の魅力は、附属の園で経験を積んでから他の園へ実習に行けること、先生方がとても優しく相談しやすいこと、保育経験者から現場の雰囲気を直接教えてもらえることです。クラスの仲間と助け合いながら、良い雰囲気で学んでいます。こどもの個性に寄り添い成長を見届けられる保育者になりたいです。

木村 友佳理さん

幼児教育学科第三部 3年
木村 友佳理さん
愛知県 修文女子高等学校出身
(現:修文学院高等学校)

たっぷりある時間を使って
自分のペースで夢を叶える

保育士と幼稚園教諭の資格を取得できること、附属幼稚園があり、こどもたちを身近に感じながら学べるところが魅力で修文を選びました。授業は毎日2時間で終わるため友達とピアノの練習をしたり、課題をしたり、バイトをするなど午後の時間を活用して学生生活を充実させています。

井川 結菜さん

幼児教育学科第三部 2年
井川 結菜さん
愛知県名古屋市立 富田高等学校出身

3年かけてじっくり学ぶスタイルを選択

第三部は授業が午前のみなので、午後はアルバイトをしたりピアノの練習や課題に取り組んだり、たまに遊んだり、とスケジュールが立てやすいです。ピアノレッスンは一人ひとりのレベルに応じた指導で、歌のレッスンは基礎的なところから教えてくださるので、現場で役立つ技術が無理なく身につきます。