カリキュラム 管理栄養学科

カリキュラム

食と健康、そして人そのものを広い視点から理解した管理栄養士を養成します。

5つの方向から管理栄養士をめざす。

基礎教育的アプローチ

基礎科目でも専門知識が身につく
幅広く段階的に専門知識を身につけるため、基礎と専門がリンクした教育を推進しています。例えば『情報処理演習』では、栄養価計算ソフトウェアの活用方法を学びます。

科学的アプローチ

科学的根拠に基づいて考え判断する力を養う
化学や基礎医学分野の科目を1年次から開講。栄養管理や栄養指導を的確に行うために必要な科学的根拠に基づく思考力や判断力を養います。

医学的アプローチ

身体とは、疾病・治療とは何かを理解する
食を通じて心身の健康に貢献するためには、身体の構造と機能、疾病の成り立ちといった医学の知識は不可欠。本学科では、臨床経験豊富な医師が講義します。

栄養学的アプローチ

栄養管理・教育に不可欠な知識を修得
療養のための栄養管理は管理栄養士の重要な役割。そのため、本学科では栄養学の知識を実践的に生かせるよう実験や実習、演習、現場体験などを通して学んでいます。

コミュニケーション的アプローチ

行動を変容させるための科学を学ぶ
患者さんや他の医療スタッフとコミュニケーションを図る力も必要です。本学科では、少人数教育の利点を生かし、人間関係の中で行動変容の能力を養います。

カリキュラム

カリキュラム

1年次

基礎を強固なものとするため、化学・生物の基礎的内容を振り返りながら、さまざまな栄養科目の学習を進めます。

赤文字は必修科目青文字は選択必修科目、黒文字は選択科目


2年次

基礎医学系の学びをさらに深めるとともに、栄養学の専門知識を身につけて専門性を高めていきます。

赤文字は必修科目青文字は選択必修科目、黒文字は選択科目


3年次

管理栄養士に必要な専門知識を学び深めるとともに、高度な論理的思考力や問題解決力を身につけていきます。また、給食センターなどでの臨地実習も始まります。

赤文字は必修科目青文字は選択必修科目、黒文字は選択科目


4年次

臨地実習に加え、卒業研究や国家試験対策など、4年間の総まとめを行います。

赤文字は必修科目青文字は選択必修科目、黒文字は選択科目

科目ピックアップ


一年次

食品学I

食品学I

食品の分類や成分について、科学的に理解する。
人体に対する食品の作用や働きを表す食品の三機能を学び、食品に表示される水分と五大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質、無機質、ビタミン)について理解します。基礎知識を中心に、食品の分類や成分について科学的知識を深めます。

基礎化学実験

基礎化学実験

身近にある化学変化を、実験で明らかにする。
「冷蔵庫内で食品が長持ちするのはなぜ?」私たちの日常生活にあふれる化学変化を、実験を通して理解し、化学への理解度と興味を高めます。実験の基礎知識、器具や薬品の取り扱い方、操作方法も身につけます。

調理学実習I ・Ⅱ

調理学実習I ・Ⅱ

衛生的で安全な調理技術を身につける
栄養士として必要な調理技術を身につけます。栄養バランスの良さやおいしさはもちろん、衛生面も考慮して調理。日本料理、西洋料理、中国料理を中心とした基礎・応用調理を通して、食材の栄養特性を生かす調理法も学びます。


二年次

生化学実験

生化学実験

私たちの体内で起きている現象を再現する。
生体内や細胞内で起きている現象を試験管内で再現するなど、さまざまな実験や生体成分分析を行います。各種栄養素の構造や性質、酵素反応などについて知り、消化吸収および代謝のメカニズムを理解します。

解剖生理学実験I ・Ⅱ

解剖生理学実験I ・Ⅱ

身体の構造と機能を、実験を通して理解する。
栄養ケアに不可欠な病理・病態を理解するためには、身体の構造と機能についての知識が必要です。人体模型や組織標本などを用いてさまざまな実験や測定を行い、人体生理学的および臨床医学的見地から学びます。

給食経営管理論実習

給食経営管理論実習

給食運営について学び、大量調理を実践する。
対象者に合わせた食事計画や大量調理の方法と技術、衛生管理などを、一連の給食業務を実践しながら学びます。食材料の原価管理や販売計画など給食運営を総合的にマネジメントする能力も養います。


三年次

応用栄養学実習 I・Ⅱ

応用栄養学実習 I・Ⅱ

ライフステージに合わせた栄養管理を理解する。
年齢や身体状況、生活環境などによって、必要な栄養素は一人ひとり異なることを理解し、対象者の栄養状態を評価します。その結果からそれぞれの栄養ケアプラン、栄養マネジメントプログラムの実施計画を立案し、健康維持、増進あるいは疾病予防に必要な栄養管理を理解します。

臨床栄養学実習 I・Ⅱ

臨床栄養学実習 I・Ⅱ

栄養療法を正しく理解し実践に生かせる能力を身につける。
さまざまな病態に対応する治療食について学びます。身体計測を行って理論に基づき栄養素を算定、献立を作成します。そして実際に調理するなど実践を通して、医療現場で必要な知識と技術を身につけます。


四年次(ゼミナール紹介)

福井研究室
福井 富穂 教授  管理栄養士、人間文化学博士 専門分野:臨床栄養学

福井研究室

医療現場における栄養管理の実態を調査します。
病院の協力を得て、慢性疾患がある患者さんへの効果的な栄養指導を探っています。患者さんの生活習慣と栄養状態を調査し、食事療法に問題点がないかを追究。医療現場における栄養管理の実態を把握します。

小田研究室
小田 雅嗣 准教授 管理栄養士 専門分野:公衆栄養学

小田研究室

災害時における管理栄養士の役割などについて研究します。
各施設において1人配置の管理栄養士は、地震を始めとした災害時であっても食事を提供しなければいけません。過去の災害事例を参考にし、平時から準備しておくべき事項の確認や、施設内での連携体制の必要性について研究します。

丹羽研究室
丹羽 利夫 准教授 農学博士 専門分野:食品機能化学

丹羽研究室

最新の研究論文から、食品の健康情報を科学的に追求。
「これを食べればやせる」「たくさん食べるほど健康になる」など、メディアが発達した現代において、科学的に疑問の多い健康情報があふれています。最新の研究に触れるため英語の論文を読み解き、科学的信ぴょう性を追求します。