看護学部 学びの流れ


学びの流れ

豊かな人間性と実践力を備えた看護職者の育成をめざして。

看護職者としての 意識と能力を醸成する
4年間の学修体系

人として欠かせない教養や倫理観を土台として、病理・病態や現在の社会的状況を知り、さらに専門的な看護の知識を分野別に積み上げていきます。そのうえで、2年次から始まる臨地実習に臨みます。

※クリックすると拡大画像が表示されます。


Point

基礎看護学をベースに自らの専門性を高め、応用力を鍛える専門科目群

専門科目群では、基礎看護学を土台として、領域別に専門科目を学修。2年次からは臨地実習が加わり、より実践的な知識と技能を身につけていきます。さらに、現代の臨床現場にスムーズに適応することができる知識・技術を統合看護で深めていきます。

※クリックすると拡大画像が表示されます。


看護の専門8領域

地域全体が学びのフィールドに。地域の基幹病院と連携した質の高い実習を行います。

基礎看護学

看護実践力の向上をめざす
看護の動機づけを高め、「看護とは」、「健康とは」などの看護の基礎概念、対象者の健康上の問題を明確にし、問題を解決するための知識ならびに看護実践能力を培います。

成人看護学

成人期の特性を理解し看護実践能力の向上をめざす
成人期の健康障害を抱える対象者とその家族の特徴を理解し、急性期、慢性期、終末期にある人々の看護を学修します。

母性看護学

周産期、育児期の看護を極める
妊娠・分娩・産褥における母子とその家族を対象とした看護援助、女性の生涯にわたっての健康保持・増進への看護援助を学修します。

小児看護学

小児と家族のQOL向上をめざす
小児期にある対象者の発達特性を踏まえた小児特有の疾患を理解し、子どもとその家族が抱える看護問題に対してQOLを尊重した看護を学修します。

老年看護学

高齢者の尊厳と自律の配慮をめざす
老年期にある対象者の身体的能力、精神的状況、家族を含めた社会的状況や生活基盤を見つめながら、高齢者の尊厳と自律に配慮した看護を学びます。

地域・在宅看護学

在宅療養者の生活を支える
在宅で療養する人々やその家族に対して、在宅ケアチームが連携して生活の質(QOL)の維持・向上をめざして生活支援します。このような在宅看護の基礎となる知識と技術について学修します。

精神看護学

心の健康維持・増進への看護を学ぶ
複雑化する社会状況の中で、対象者が抱えている生きにくさを理解し、精神疾患の看護だけでなく、看護のあらゆる領域の対象者の心の健康維持・増進への看護を学修します。

公衆衛生看護学

保健師の専門性を学ぶ
公衆衛生看護の理念を理解し、あらゆる年代を対象に健康支援活動をする保健師の役割と看護援助方法を学修します。