イベントレポート

「クリスマスコンサート2017」No.2

  • ・2018年1月 6日
  • ・修文大学短期大学部

クリスマスコンサート2017

「Happy time~あなたに贈る素敵な時~」

 

■主催 : 修文大学短期大学部 (後援:一宮市)

 

■日時 : 平成29年12月17日(日)

 

■会場 : 一宮市民会館

 

~プログラム~

【第一部】

■器楽 ハンドベル・ミュージックベル演奏

クリスマスコンサートのオープニングを飾ったのはハンドベル。「おめでとうクリスマス」「サンタが街にやってくる」が演奏されると会場は大いに盛り上がり、会場全体にベルのきれいな音色が響きわたりました。続いてミュージックベルで「やさしさにつつまれたなら」が演奏された後、ミュージックベルに木琴やタンブリンを加えたアンサンブルで「となりのトトロ」を演奏すると、子どもたちは即座に反応し大合唱。会場のボルテージが一気に高まり、コンサートは幕を開けました。

 

■運動あそび

[忍者たちのクリスマス]

クリスマスコンサートを成功させようとする青忍者とそれを壊そうとする赤忍者が会場を所狭しと駆けめぐる今回から初めて登場したアクション活劇。劇中には、跳び箱や側転、カラーガードなど、沢山の運動あそびが登場し、会場からは大きな歓声が沸きました。そしてクライマックスには、組体操によるクリスマスツリーが完成し、会場からは盛大な拍手が送られました。

 

■音楽あそび

[三太郎とおどろう!~夢をかなえてドラえもん~]

現代から昔話の世界にタイムスリップするというオリジナルストーリー。劇中には、昔話に登場する浦島太郎、桃太郎、金太郎や、みんなの大好きなドラえもんが登場し、会場の子どもたちと一緒にボディーパーカッションを体験したり、「夢をかなえてドラえもん」の曲に合わせて歌ったり、踊ったりしました。

 

■こども音楽劇

[クリスマス大作戦]

こども音楽劇では、子どもの心に伝わる音楽劇の創作に取り組んできました。

今回は、子どもたちに渡すクリスマスプレゼントがどろぼうに盗まれ、サンタやトナカイが森の動物たちと一緒になってクリスマスプレゼントを取り返すというオリジナルストーリーです。サンタやトナカイたちは、プレゼントを取り返そうと必死に戦いますが、どろぼうたちに負けそうになります。そんな絶体絶命のピンチを会場の子どもたちの声援が救ってくれました。最後には、どろぼうたちも改心し、全員で力を合わせてクリスマスプレゼントを子どもたちのもとへ届けることができ、フィナーレを会場の子どもたちの笑顔で埋め尽くすことができました。なお劇中には、ピアノ、子どもに馴染みのあるタンブリンや鈴、太鼓を用いた生演奏で童謡やクリスマスソングを盛り込むなど、会場の皆様にも楽しんでいただきました。

 

「クリスマスコンサート2017」No.3へつづく・・・


この記事を共有する
  • LINEで送る