イベントレポート

「クリスマスコンサート2017」No.1

  • ・2018年1月 6日
  • ・修文大学短期大学部

街中がクリスマスの飾りやイルミネーションで彩られ、クリスマスムード高まる中、12月17日(日)、クリスマス時期の恒例行事となった幼児教育学科(卒業学年主催)による「クリスマスコンサート」が今年も開催されました。

 

今年で開催18回目を迎える「クリスマスコンサート」

今年のテーマはHappy time~あなたに贈る素敵な時~」

このテーマには、クリスマスコンサートを通して、学生たちはもちろんのこと、会場に足を運んでいただいた皆様にとっても素敵な時間をプレゼントしたいというクリスマスコンサート実行委員会メンバーの思いが込められています。

 

なお、クリスマスコンサートでは、ご来場いただく一宮市内の幼稚園児・保育園児やその保護者、さらには保育に興味を持つ高校生の皆様に楽しんでいただけるよう、幼児教育学科の卒業学年がピアノ・こども音楽劇・音楽あそび・人形劇・器楽・造形表現など、年間かけて「保育演習」「音楽表現」の授業で身につけた表現力を生かし、短大生の集大成として精一杯企画から準備、発表までを自分たちで行います。

 

当日は、天候にも恵まれ、開場前から多くの家族連れや高校生の皆様で会場ロビーは埋め尽くされ、大ホール開演前に体験・見学できる「ロビー展示・工作体験コーナー」「紙芝居」には、多くの人が詰めかけて大盛況になるなど、急遽開場を早めるほどの盛況ぶりでした。

 

会場全体がクリスマスコンサートの開演を今か今かと待ちわびる中、開演に先立ち、主催者を代表して丹羽利充学長の挨拶が行われました。そして、いよいよ開演の時間を迎えると、静まり返った会場に澄んだハンドベルの音色が鳴り響き、待ちに待ったクリスマスコンサートは幕を切りました。

 

「クリスマスコンサート2017」No.2へつづく・・・


この記事を共有する
  • LINEで送る