イベントレポート

「キャンパスフェスティバル(第4回オープンキャンパス)」No.2

  • ・2017年9月23日
  • ・修文大学

「修キャン2017 ~楽しい学びがここにある~」

 

【キャンパスフェスティバル:(第4回オープンキャンパス)】

【内 容】
■各学部・学科(コース)による模擬講義・体験実習
■各学部・学科(コース)相談コーナー

■各種相談コーナー(入試・学生生活・奨学金・寮・学費・アルバイト・部活など)
■特待生制度相談コーナー

■入試対策講座(小論文対策講座・面接対策講座)

■学生企画(学生相談&フリートークコーナー、お楽しみ企画など)

■キャンパスツアー(学内見学ツアー)

■クラブ・サークル紹介コーナー

■寮見学ツアー

■保護者ガイダンス

■就職進学相談コーナー(幼児教育学科第三部)

■(ポッカサッポロフード&ビバレッジと管理栄養学科の学生・教員がコラボレーション!)学食体験(無料)

■パティシエのアイスクリーム

など
 

【イベント】

■管理栄養学科

[模擬講義:活性酸素、フリーラジカルって何だろう?]

人が生きて行く上で必要不可欠な酸素は、エネルギー吸収あるいは一電子還元(電子を一つ受け取ること)によって、活性酸素に変化します。活性酸素は食品素材や加工食品に存在し、成分の酸化や劣化の要因となります。今回の講義では、活性酸素生成のメカニズムと、酸化や劣化を抑制する食品由来の物質についての説明を行いました。

 

[体験実習:栄養のバランス~基本のキーヘルシーメニューを考えよう~]

食事バランスガイドの簡単な活用方法を学ぶことで、自分の適正量を知ることができます。今回は、メニュー表から選んだ料理の組み合わせから栄養バランスを評価したり、コンビニを利用した場合の昼食のメニューを考え、自分に必要な栄養がバランスよく取れているかを確認するなど、栄養バランスについて学んでいただきました。

 

■看護学科

[模擬講義①:分娩期の看護]

妊娠末期の母親の心理と身体、そして、おなかの中にいる赤ちゃんはどのようにして胎外にでてくるのかの機序の概観と、陣痛に苦しむお母さんへの援助、新生児への援助をはじめ、安全・安楽を目標とした分娩期看護のあり方についての説明を行いました。

 

[模擬講義②:医療分野へのリスクコミュニケーションの応用]

「医療分野へのリスクコミュニケーションの応用」というテーマで、患者と医療従事者の間の医療専門用語に対する認知の差異によって起きる「リスク」を減らすため、医療従事者が患者への疾患・治療・処置について理解し易い言葉や表現を用いることの大切さについての説明を行いました。

 

[展示/体験

●基礎・成人看護実習室:身体の音を聴いてみよう

フィジカルアセスメントモデル「フィジコ」を使用して、フィジカルアセスメントに必要となってくる瞳孔反射、心音聴診、聴音聴診、呼吸音聴診などのバイタルチェックトレーニングを体験していただきました。また、基礎看護技術を学ぶ学生たちの演習風景をスライドで紹介し、参加者の皆さんにご覧いただきました。

 

●母性・小児看護実習室:赤ちゃんの育児体験と心臓の音を聴いてみよう

新生児モデル人形を使用して赤ちゃんの泣き声で、何を求めているのかキャッチし、ミルクをあたえたり、ゲップをさせたり、オムツの交換を体験していただきました。また、聴診器を使用し、赤ちゃんの心臓の音を聴いていただきました。

 

■生活文化学科/生活・医療事務コース

【幅広い分野で活躍したい人にぴったり。】

[体験模擬授業:アロマスプレー]

今回、お部屋にシュッとふるだけで様々な効果が期待できる「ルームスプレー」作りを体験していただきました。はじめに、アロマやハーブについての効能や香りについての説明を行った後、参加者の皆さんは、先生からのアドバイスを受けながら、「ルームスプレー」制作に取り組んでいました。なお、完成したルームスプレーはお土産としてお持ち帰りいただきました。

 

■生活文化学科/ファッションビジネスコース

【もっとかわいくもっとおしゃれに!】

[体験模擬授業:デジタルファッション]

まず始めにファッションの販売職に求められる知識や技能についての説明が行われました。その後、パソコンを使って最新のトレンド情報を収集し、収集したデータをパワーポイントを用いてまとめ、さらに音楽をつけてプレゼン資料に仕上げていただきました。

 

■生活文化学科/オフィスキャリアコース

【企業で即戦力として活躍できる女子をめざす!】

[体験模擬授業:お茶のマナー]

オフィスで必須とされる「お茶の出し方」。今回は「お茶の出し方」におけるビジネスマナーについてクイズ形式の講義を行いました。知っているようで知らない「お茶の出し方」のマナーは、オフィスだけでなく家庭での来客時にもすぐに活かすことが出来ます。なお、講義の最後には、お菓子とお茶が参加者の皆さんに振舞われました。

 

■生活文化学科/製菓コース

【話題のスイーツが総登場。絶対失敗しないプロの技!】

[体験模擬授業①:レアチーズケーキ]

今回は、人気のレアチーズケーキを制作しました。「成功の秘訣はメレンゲの作り方にあり!」ということで、まず始めに美味しく出来上がるコツを学んだ後、数種類のフルーツと五色のソースを用い、デザートプレートに仕上げ、試食しました。

 

[体験模擬講義②:シュガークラフト]

お砂糖の工芸菓子である「シュガークラフト」。今回は、「アニマルモチーフ」を制作しました。モデリングペーストで、かわいらしいひよこやカラフルな鳥をモチーフにした作品に仕上げました。なお、制作中には、在学生からアドバイスを受けるなど、終始和やかなムードの中、制作を行うことができました。

 

■幼児教育学科第一部/第三部

[模擬講義:保育内容演習(環境)~子どもと環境~]

保育内容演習(環境)では、「子どもと環境」というテーマで、子どもにとって環境とは何なのか、人的環境としての保育者といった内容の講義を行いました。後半には、在学生も交えて参加者の皆さんと一緒にネイチャーゲームを体験したり、ストローを使った制作を体験していただきました。

 

[模擬講義:保育内容演習(造形表現)~牛乳パックで作ろう!~]

造形素材として保育現場でよく使用される「牛乳パック」で、日本の昔話の主人公「桃太郎」「金太郎」「浦島太郎」のパペット作りを体験していただきました。参加者の皆さんは、きび団子やマサカリなどをパペットに持たせながら、オリジナルのパペット作りを楽しんでいました。

 

[模擬講義:保育内容演習(造形表現)~子どもと造形遊び~]

保育者の役割を造形指導という観点から説明を行いました。幼児期にふさわしい生活を展開する中で、子どもの興味・関心に沿った自発的なあそび体験の大切さについて、造形あそびの具体例として「スクラッチあそび」を紹介し、参加者の皆さんにも体験していただきました。

 

[模擬講義:保育内容演習(健康)~保育の中の健康~]

人が幸せな人生を送るために「健康」はとても重要です。保育職を目指す皆さんは、「健康」について学び、子どもたちの「健康」を保証しなければなりません。しかし、今の世の中は、人の「健康」を維持していくには様々な課題を抱えています。そこで、今回の講義では、保育における「健康」について、参加者の皆さんと一緒に考えてみました。

 

[模擬講義:表現技術(基礎音楽)~楽譜の仕組み~]

どうして音の名前はドレミファソラシドというのか、どのようにして今私たちが目にするような音符は生まれたのか、どうしてト音記号はあのような形になったのかなど、楽譜の変遷について説明を行いました。

 

[模擬講義:表現技術(造形・言語)~はさみとカッターを使う~]

工作に常時使用する「はさみとカッター」にスポットを当て、基本的な使用法を理解してもらうため、簡単な制作体験を行いました。参加者の多くの方がはさみを使用する反面、カッターナイフを殆ど使用していないことから、講義の中では、刃物を危険視せず、生涯に亘り使用する役に立つ道具を日頃から使用していくことの大切さについて説明を行いました。

 

[模擬講義:保育演習(紙芝居)~学生による発表~]

学生が制作したオリジナルの「紙芝居」を学生自身が発表しました。そして、紙芝居を通じて子どもたちに伝えたいメッセージや、紙芝居を読む際のテクニック等も学生自身が説明しました。教育実習や授業を通じて身につけた保育の知識を、「紙芝居」という保育技術の中に活かしている様子を参加者の皆さんにご覧いただくことができました。

 

[模擬講義:保育演習(ピアノ)~学生による発表~]

今回、「ソロ」「連弾」「童謡弾き歌い」「音楽遊び」の発表を行いました。「ソロ」では、学生になって初めてペダルを踏んで練習を重ねてきたという学生の演奏を披露しました。「連弾」では、サン=サーンス作曲の「動物の謝肉祭」から、息の合った学生の演奏を披露しました。また、「童謡弾き歌い」では、参加者の皆さんにも一緒に歌っていただいたり、「音楽遊び」では、音楽に合わせて手遊びや音楽を伴ったゲーム感覚の遊びを参加者の皆さんに体験していただきました。

 

[模擬講義:保育演習(こども音楽劇)~学生による発表~]

こども音楽劇の授業では、子どもたちに伝えたいことをテーマに、学生たちが台本から考え、創作活動を行っています。音楽は全て生演奏にこだわり、劇中には沢山の童謡や効果音、BGMを含んでいます。今回の発表では、12月に行われる「クリスマスコンサート」に向けての創作過程の一幕をご覧いただきました。

 

[模擬講義:教育学~子どもあつかいの歴史~]

「子どもあつかい」、つまり子どもと大人の区別について、生活のための労働や、飲酒・喫煙との結びつき、そして近代以前の幼児の衣服・装束から、それぞれ写真・絵画を材料に、参加者の皆さんと一緒に考えてみました。

 

[模擬講義:保育指導法~子どもと心をつなぐ~]

楽しいことをいっぱい見つけ、目を輝かせ遊ぶ子どもたち。講義では、保育現場でのエピソードを交えながら、保育の基本、保育の魅力についての説明が行われました。そして、講義の最後には、実際の保育現場でも行われている「染めあそび」を体験していただきました。「染めあそび」では、ティッシュにマーカーペンで色をつけ、オリジナルの染め紙を制作していただきました。

 

[模擬講義:教育心理学~子どもの心理は不思議がいっぱい~]

今回の講義では、知覚発達心理学者のギブソンとウォークの「奥行き知覚実験」を紹介し、乳児が学習に頼らなくても「深さ、奥行き」を認識できることを紹介しました。

 

[模擬講義:実習指導~免許・資格と実習~]

保育者になるにあたって必要な保育士・幼稚園教諭・保育教諭の資格・免許と活躍する現場についての説明、資格取得に必要な保育実習・教育実習の期間・時期などについての説明を行いました。また、これから保育者を目指す人たちに求められる資質についても参加者の皆さんと一緒に考えてみました。

 

[模擬講義:附属一宮幼稚園見学]

短大から徒歩3分のところにある「附属一宮幼稚園」の見学を行いました。園に到着後、本学教員から実習についての説明を聞きながら、保育室の掲示物や子どもたちの作品、広い園庭や遊具などの見学を行い、参加者の皆さんは興味深そうに見入っていました。

 

[ピアノ初心者対象体験レッスン]

電子ピアノの部屋(ML教室)を使用して、ピアノ初心者を対象とした体験講座を開催しました。レッスンには約30名ほどの方が参加され、まず始めに、2014年9月に改装されたML教室の使い方や、最新機種の電子ピアノの機能、楽しみ方について簡単な説明を行いました。その後の体験レッスンでは、ピアノを弾く時の基本姿勢や楽譜の読み方を学んだ後、本学で使用しているテキスト(バイエル教則本)の3番からレッスンをスタートしました。全員で一度弾いた後、ヘッドホンをして電子ピアノに内蔵されているバイエルの曲に合わせて練習するなどして、体験レッスンが行われました。

 

[ピアノなんでも相談]

参加者の皆さんのピアノにまつわる悩みや質問にお答えしました。また、実際の講義で使用しているピアノ教材や入学までの期間に自宅でできるピアノのレッスン方法についての紹介も行いました。

 

[学科の部屋]

実際の授業で使用する教材や学生の制作物などを展示しました。

 

■学生企画コーナー

【伝えよう!私たちの修文。】

[学生相談&フリートークコーナー]

授業や実習についての体験談をはじめ、学生生活・アルバイト・通学などに関することや、高校生や保護者の方から寄せられる様々な悩みや質問に在学生がお答えしました。

 

[修文の夏祭り!!]

8月5日(土)に行われたキャンパスフェスティバル(第3回オープンキャンパス)でも好評だった学生企画「修文の夏祭り!!」を今回も開催しました。

学生プロデュースの夏祭りでは、「輪投げ」「ボーリング」などの(景品つきの)楽しいアトラクションを用意し、ご来場いただいた皆様に楽しんでいただきました。

※夏祭りのアトラクションは、全て学生の手作りです。

 

[キャンパスツアー&スタンプラリー]

在学生の案内で、授業の内容や学生生活などに関する説明を受けながら見学を行いました。

※今回は、キャンパスの名所をスタンプを集めながら回る「スタンプラリー」も同時に開催いたしました。なお、スタンプを集めた方には、「夏祭り」のチケットをプレゼントし、「夏祭り」のアトラクションを楽しんでいただきました。

 

■学食体験

【スペシャルランチ】

今回は地元企業「ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)」と管理栄養学科の学生・教員がコラボレーションし、メニューを考案!!

今回は「Aランチ:ガパオライス 修文風」「Bランチ:修文の名古屋めし〈ツナとトマトの和風きしめん〉」の2種類から選んで、召しあがっていただきました。

 

■パティシエのアイスクリーム

製菓コース専任講師特製のアイスクリーム(withソース)が来場者の方に振舞われました。

 

■クラブ・サークル紹介コーナー

パネル展示によるクラブ・サークルの紹介を行いました。

 

■各種相談コーナー

入試・学生生活・特待生制度・奨学金・寮・学費・アルバイトなど来場者の皆さんの様々な疑問・質問に、教職員・在学生がお答えしました。

 

■就職進学相談コーナー(幼児教育学科第三部)

幼児教育学科第三部:就職進学希望者向けに、本学の指定企業である「(株)ソトー」の担当者による就職進学にまつわる説明(給与・福利厚生など)が行われました。

※長期アルバイト希望者向けに、「岩田食品(株)」の担当者による説明も行われました。

 

■入試対策講座(小論文対策講座・面接対策講座)

AO・推薦入試で受験を考えている方には必見・必聴のコーナー。

「小論文対策講座」・「面接対策講座」では、それぞれ重要とされるポイントについて説明を行いました。

 

ご来場いただきました皆様、ご来場誠にありがとうございました。

 

次回以降開催のオープンキャンパスへのご参加も、スタッフ一同、心よりお待ち致しております。

 

【今後のオープンキャンパス日程】

第5回:9月24日(日)     10:00~14:00


この記事を共有する
  • LINEで送る