イベントレポート

学内販売実習「茶房」:製菓コース1年

  • ・2017年8月 3日
  • ・修文大学短期大学部

6月30日(金)、製菓コース1年生による学内販売実習「茶房」が行われました。

 

※5月24日に行われた製菓コース2年生:学内販売実習「茶房」の様子はこちら!

1年生にとって、今回が初めてとなる学内販売実習「茶房」「茶房」実施に先がけ、実習における3つの注意点「①衛生面に気をつける」「②気持ちをこめて時間内に決められた個数を完成させる」「③販売の際には、感謝の気持ちを込めて大きな声で挨拶をする」の説明を受け、その後学生たちは以上の3つの注意点に留意しながら製造~販売を行いました。

 

今回のメニューは、「シュークリーム&エクレア」(1セット:100円/限定150個)!!

製造では、各工程ごとに分かれて一つひとつ気持ちを込めながら丁寧に製造し、時間内に決められた個数を製造しました。

 

なお、製造したお菓子はお昼休みの時間に学生ホールにて販売を行いました。

事前告知や5月に行われた2年生の「茶房」の評判を聞きつけ、販売開始前からお菓子を求める長蛇の列ができていました。販売が開始されると、学生たちは緊張する間もなく、飛ぶようにお菓子は売れていきました。最初の説明に留意し、丁寧に心を込めて大きな声で挨拶をしながらお菓子を手渡していました。

 

1年生にとって初めての開催となった学内販売実習「茶房」。

今回、学生たちは実習における3つの注意点(「①衛生面に気をつける」「②気持ちをこめて時間内に決められた個数を完成させる」「③販売の際には、感謝の気持ちを込めて大きな声で挨拶をする」)を常に心がけ、製造から販売までを経験しました。

この経験を通して、気持ちを込めて一つひとつ丁寧にお菓子を製造し、心を込めてお客様にお菓子をお渡しするというパティシエとしての基本の心構えを学ぶことができた良い機会となりました。

 

“パティシエの卵(学生)”たちの今後の活躍が楽しみです。