イベントレポート

海外研修(研修先:ハワイ)

  • ・2017年3月 7日
  • ・修文大学

2016年12月1日、「ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ」と包括的な協定を結んだ修文大学。

 

3月1日(水)~3月7日(火)の5泊7日の日程で、大学(看護学部・健康栄養学部)の学生を対象に、ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジで16名の学生が参加して初の海外研修が行われました。

 

大学(看護学部・健康栄養学部)の海外研修では、①健康・医療に関する学習②国際交流③語学研修を目的とし、グローバル社会に目を向けてもらうための修文大学オリジナルの研修を体験できます。

 

研修2日目には、今回の研修の目玉である「ハワイ大学マノア校」での「ハワイ大学インターナショナルプログラム」が行われ、①看護教育②健康医療に関する講義を受講し、看護・栄養に関する見聞を深めた学生たちに、講義終了後、修了書が授与されました。

 

■ハワイ大学インターナショナルプログラム:講義タイトル

①アメリカにおける看護教育

②アメリカにおける健康と栄養における課題

 

研修先であるハワイには、2016年12月に大学間連携締結に係る協定書を結んだ「ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ」があります。今回の研修中、「ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ」の学生との国際交流も兼ねて、現地学生の案内でハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジの見学やダイアモンドヘッドへの登山を行うなど、学生同士の親睦も図っていました。

 

その他にも、ホノルル市内の人気の観光地を巡るなど、ハワイの歴史や文化を肌で感じることができ、貴重な経験となりました。